アオバ住宅社のビジネススタンス

アオバ住宅社は不動産会社です。アオバ住宅社はお約束します。

1、一生お付き合いのできる不動産屋です。

お客さまのお考えを十分にお聞きし、きちんと理解できるよう努めます。
誠心誠意向き合うことで、お客様に信頼していただけるよう努めます。
そして、お客様がお困りの際に気軽にご相談できる不動産屋であり続けます。


2、仲介してからがお付き合いの始まりです。

仲介手数料をいただいて終わりという関係ではなく、そこからお付き合いを深めていきたいと思っています。
お部屋を借りて新しい生活をする方には、スムーズに新しい生活が始められるようにサポートいたします。
お部屋をお貸しになるオーナー様には、
ご入居者のことや建物のことで何かお困り事がないかを定期的にお伺いし、
賃貸経営のサポートをいたします。


3、地域と積極的につながっていきます。

青葉区で事業を営んでいる方とコラボレーションしてイベントを開催したり、
青葉区民祭りや地域の祭りなどに積極的に参加し、
青葉区の魅力をたくさんの方にお伝えしていきます。






スタッフ




アオバ住宅社代表 齋藤瞳

1979年生まれの40歳。
千葉県出身。立教大学法学部卒業。

平成28年、アオバ住宅社開業。
創業後より、「一生お付き合いのできる不動産屋」をモットーに、賃貸売買の仲介を中心に行っている。
なかでも賃貸では、生活保護受給者・高齢者・DV被害者・障害者など、お部屋探しに困難を抱える方々のお手伝いを、 行政・福祉・医療などと連携して多数手がけている。
また、お部屋探し後の就労支援・見守り活動・交流会なども行っている。

私が世田谷から青葉区に転居してから10年、アオバ住宅社を創業して6年目を迎えました。
ありがたいことに、この5年間でたくさんのお客様と出会うことができました。
創業したての頃は、右も左もわからず右往左往しながら無我夢中に走り続けてきましたが、
様々な事情を抱えているお客様と接する中で、少しずつ知識も経験も豊富になり、
また区役所・市役所・NPOなどのさまざまな立場の方々とお話をさせていただく機会も増えました。
弊社のお客様からのご紹介でいらっしゃるお客様も増え、
ちょっとずつではありますが、日々前進しています。

弊社のモットーは「一生お付き合いのできる不動産屋」です。

この先も、お客様に寄り添い、賃貸・売買問わずお客様の課題解決や自立に向かって、
地域の方々のご協力をいただきながら、一緒に歩んでいきたいと思います。





スタッフ 中村朋美

1985年生まれ
横浜市青葉区出身
二松学舎大学文学部・書道専攻卒業

30代に入り、両親の介護のため介護離職。当時部屋探しをしていた時にアオバ住宅社に出会い、後に社員として働く。
賃貸仲介業務では、スムーズにお部屋探しが進められるように、管理会社様との連携を取る。ヒアリング〜内見〜ご契約に関する手続きを行う。 就労部門でアオバ住宅社のスタッフさんと話しながら、働きやすい職場を考える日々。ハウスクリーニング等の見積もり作成〜スタッフィング・現場に入ることも。 事務所では来客対応・電話対応・事務全般。
介護離職からの復職を機に、様々なお客様の話を聞くことが大切と考えている。

もう一つの柱として、小さなお子様向けに鉛筆の持ち方、書初め、習字を地域に広げていきたい。自身の書道活動は現在も続け、年数回の展示を行っている。
趣味はライブ・フェス参戦





会社概要


会社名アオバ住宅社
(株式会社齋藤岳郎社 内事業部名称)
業務内容
  1. ① お部屋の転居の相談
  2. ② 売却のご相談
  3. ③ 清掃(定期清掃・ハウスクリーニング・除草・高圧・家事代行)
  4. ④ 空家・空室に関するコンサルティング
  5. ⑤ 住まいに関する相談
  6. ⑥ 講演・セミナー
こちらで活動内容を紹介しています。アオバ住宅社Facebook

住所〒227-0061 神奈川県横浜市青葉区桜台25番地1 桜台ビレジ ショッピングコリドールR1
代表取締役齋藤岳郎
事業部代表者、および取締役齋藤瞳
設立日平成24年12月5日
資本金1,000千円
電話番号045-482-6646
FAX番号045-482-6645
加盟・協力団体全日本不動産協会(横浜支部第1ブロック地区長)
横浜市あんしん入居事業協力店
ジック小額短期保険代理店
AFF - 青葉台フェイストゥフェイス
緑法人会(女性部会)
免許番号神奈川県知事免許(1)第29449号




(c) 2018 アオバ住宅社